MENU

消費者金融 金利 グレーゾーン

消費者金融の貸出金利のグレーゾーンについて

 

最近では消費者金融やカードローン会社からお金を借り入れた場合、過払い金が生じることがニュースとなりました。

 

つまり、こうしたカードローン会社などの貸金業者が利息制限法と呼ばれる法律で定められた利息の上限を超えてとり続けていた利息がいわゆる過払い金と呼ばれるものです。

 

こうして過払い金を長い間取り続けていた消費者金融はその部分を債務者に返還しなければならなくなり、多くの消費者金融が倒産などの経営上の危機に陥ったといわれています。

 

 

特に、長年にわたり多額のお金を借りていた人たちは過払い金が非常に多いことから、相当額の過払い金返還請求によりお金が戻ってきたといわれています。

 

今後、お金を借りようと考えている人にとって、こうした過払い金であるいわゆるグレーゾーン金利などの問題を整理しておくことは重要と思われます。

 

つまり、債務者自身がより賢明になり、関係する法律を熟知してお金を借りることが債務者の権利を守ることになるためです。

 

 

もし借金で返済できない場合

過払い金が発生していれば、借金返済をする必要もないですし、逆にお金が戻ってくる可能性もあるわけです。

 

だけど、過払い金請求なんてすると、将来のカードを作ったり、住宅ローンなどに影響が出るのでは??と心配している方も多いかもしれませんが、実際のところは債務整理してもローンは組める可能性は残っていますし、過払い金の場合は影響は無いので、安心して請求しても良いですよ。