MENU

借金にはどうやって向き合うべきか

自身はカードローン、住宅ローンなどの借財を持っています。給料減で生活も非いつも辛いのだけど、この春にまた負物せざるを得なくなってしまいました。娘が高校に進学したのです。学費は就学支援金で返還できるのでまだいいのけど、制服や体操服、教科書などに約20万円ぐらいかかるし、また合格してからもPTAの加盟金やら修学旅行、卒業アルバムの積立金やらで年間7万円ぐらいはかかるので、非常に金額の出せるところがなかったのです。

 

大人になってからふと周りを見渡せば、結構身近にキャッシングはありました。街を歩けば、キャッシングのチラシの入ったティッシュをもらいますし、テレビを見ていれば、キャッシングのコマーシャルも見かけます。色んな雑誌にも広告が載っていますね。こうしてみるとキャッシングって実はそんなに大したことはないのでしょうか?いざ借りてみると案外罪悪感もなく、普通にすんなりと借りれてしまうのかも知れませんね。

 

 

カード枠を活用してお金を借りました。でも、結局翌月支払うことができずにカード没収・分割払いとなりました。リボ払いでの返済しかしながら、月々利息もあるためなかなか返済できておりません。

 

今2年かかって半分ほど払い戻しておりますがまだまだなくなりません。その頃応急的にキャッシング・借財には助けられましたが、気激安に手を出すものではないなと実感しております。料金を借りる時って、どんなことを聞かれるのでしょうか?

 

恐らく稼ぎはもちろん、勤続年数や勤め先の規模、持ち家なのかアパートなのか、扶養家族がいるのか独身なのかなどは訊ねられるでしょうね。ある消費者金融業者から借り入れをしました。金額は約50万円です。あっさり返納できる予定のつもりでしたが結構返金できなくなってしまい、あれよあれよと利息がつき気がつけば毎月弁済しても元金がずい分減らない状況になってしまいました。

 

 

価格が返せなくなってくるとつぎ第にある消費者金融業者から携帯電話に連絡が入るようになり、感じ的に非常に追い込まれる日々でした。自宅にも携帯や手紙がきましたし、最終的には消費者金融会社からの提案にのり、利息抜きの元金分だけ返金する形の整理で返金が終了しました。自身は大丈御亭主という軽い様子で借り入れをしましたが、結果的に長年心を追い詰められた気がします。

 

よくCMでは計画的に借りましょうとありますが、もう私は100パーセントに借財したくないと印象ています。借財は心のゆとりを奪います。借財などしなくても最善くらいに高額のアルバイトで稼いでいた時期が昔あったんですだけど、当時はでさえ費用が足らなくなった時があり、思わずその頃はトモダチに価格を借りたことがありました。

 

それもたまたまポッとやった出会い系で出会った相手の人でした。しかしながら、返したことは殆どありません。デートをしてくれれば最善ってことでしたが、まだ若かったのでそれで良かったのかもしれませんね。私としては今イメージても、高額のアルバイトをしていたのにどうして人にお金を借りないとならない事態に陥ったのかということが未だに本当に不思議でなりません。

 

費用ってあればあるだけ使用してしまうって本当ですね。今年子どもが専門学校に内部進学したのだけど、最初の授業料の支払いがすごく大変でした。まず入学前に内部進学金を支払いました。ここまでは別に問題なかったのです。その後学費の支払いがあったのしかしながら、なんと授業料は1年分まとめての支払いだったんです!半年分くらいは覚悟していたのしかしながら、さすがに1年分はきついです。約120万、現金で必要不可欠になってしまいました。春ってバラバラと支払いがあったり、現金が必要不可欠で大変ですね。わたしが大変だった時は、町内会の会費、甥っ子の内部進学祝い、仲間の結婚式、身内の葬式、固定資産税が一気に来たときでした。こんなに重なるなんて‥と最も焦ったことを覚えてます。

 

 

だけど、車を買ったりするときに、ローンを組むことも、あれも、借り入れのひとつになるのですよね。それと同じなんでしょうか。そう予測たら、大丈夫かなぁと思ったりもしますが、金銭的に贅沢はできません。ですが、ほしいもの、買いたいものはもちろんあります。そんな中、費用を貸してくれる会社があることは有能だとは心ます。自身はなるべく低金利で最少限の価格が借りられる所をホームページなどで必死で探し、約半月ほどバラバラと頑張って、何とか国の教育ローンの審査に通る事が出来ました。

 

固定年利2.3%とカードローンに比べたら非毎日金利も安いし、月々の返済額も少ないので助かりました。もしも暮らしが苦しければ今回借りた値段からぼちぼちずつ出すつもりしかしながら、子どもが高校を卒業する時にはたとえなるべく残しておかなければと考えています。負物などしなくてもベターくらいに高額のアルバイトで稼いでいた時期が昔あったんですしかしながら、あの時でさえ費用が足らなくなった時があり、思わずその折は同僚に相場を借りたことがありました。

 

それもたまたまポッとやった出会い系で出会った相手の人でした。それにしても、返還したことは殆どありません。デートをしてくれれば理想ってことでしたが、まだ若かったのでそれで良かったのかもしれませんね。自身としては今予測ても、高額のアルバイトをしていたのにどうして人に料金を借りないとならない事態に陥ったのかということが未だに実際に不思議でなりません。お金ってあればあるだけ使ってしまうって実際ですね。

更新履歴